主な事業内容

各種石材の加工、施工、販売・石積工事
文字彫刻・石材販売・御影石墓・モニュメント
水廻り工事

経営理念

創業50年を迎え、これからも永続する「いい会社」でありたいと考えています。


「いい会社」とは
社員・社員の家族・取引先・お客様・中部大理石に関わるすべての関係者から中部大理石は「いい会社だね」と言ってもらえるような会社です。
そんな会社になれると社会から必要とされ自然と永続できます。

「いい会社」になるため
この会社で働く社員たちの労働環境や報酬を改善し続け、生き生きとやりがいをもって積極的に働いていただくことで、
お客様に喜んでいただき、結果として売上・利益が出て成長していくことだと思います。

前期(2023年6月期)決算報告

 前期についての決算について概要を説明いたします。


 前期売上は 111,731千円(対前年120%)と前々期と比べ、大きく伸ばすことが出来ました。
しかし、過去の負の遺産(不良在庫・入金見込みのない貸付金等)の処分を一括でしたため、純資産は▲1,831万円の債務超過となりました。(前期の赤字は、評価替えという資金流失のない数字上の赤字となります)
結果として、非常に見栄えの悪い決算書となりましたが、これで過去の膿はすべて一層され、今期以降「V字回復」するための、基盤は出来上がりました。

 前期ですが、キッチンワークスとの資本提携(キッチンワークスが100%株主)後の下期売上(1~6月)は対前年137%と大きく伸びています。
下期(1~6月)だけでみると経営改善の結果(社内改革、DX化、社員のモチベーションアップ)で売上が伸び、利益も営業黒字(在庫処分損除く)となっております。
 今期についても、新規の得意先が増え、売上は7.8.9月は対前年130%を超える伸びを出しております。通期6月までの受注残は既に前年売上をオーバーしております。利益については、他社競合上、まだまだ厳しい状況ですが、可能な限り、安易な安値受注を避け、更なる収益力の向上を目指します。
また、キッチンワークスの全面支援による水廻り事業もスタートし、順調に受注が取れてきております。
 資金面では、実質無借金、現預金2.2億超保有、純資産186,395千円、TSR評点60点の親会社キッチンワークスが、責任を持ってバックアップしております。(銀行の支援なしでも資金繰りに心配はありません)

 以上のことから、前期赤字決算による与信面の不安については、ご安心していただいて大丈夫です。
それでも、もし、不安のある取引先様がありましたら、直接、お問い合わせ下さい。きちんとご説明いたします。



代表取締役 荒井 俊吉

会社概要

会社名有限会社 中部大理石(キッチンワークス沖縄)
代表取締役荒井 俊吉
資本金2,000万円
創業昭和47年6月 中部大理石創業
昭和55年6月 
有限会社 中部大理石に法人化
令和4年9月 キッチンワークス100%株式取得
許可番号沖縄県知事許可第1589号
事業内容各種石材の加工、施工、販売・石積工事

文字彫刻・石材販売・御影石墓・モニュメント 
その他ご相談に応じます
免許一級石材施工技能士   2名
二級建築士  1名
二級土木施工管理技士  3名
二級建築施工管理技士  2名
一般建築物石綿含有建材調査者 1名
第二種電気工事士 2名
本社・工場〒904-2213 沖縄県うるま市字田場1840-2
TEL 098-973-0599 
FAX 098-973-5896
関連会社株式会社 キッチンワークス(北海道札幌市)
工場設備コーピング(切断機)      2台
手動式研磨機         3台
バーチカル          1台
多軸式小口研磨機       1台
ダイヤモンドガングソー    1台
50インチ大型切断機      1台
72インチ大型切断機      1台
ダイヤモンドワイヤソー    1台