アプローチのアクセントに玉砂利・ピンコロ石施工例

お庭の改修工事でアプローチに白玉砂利敷きと見切りにピンコロ石を施工しました。

玉砂利を敷く前に縁石のないところに見切りとしてピンコロ石をご提案いたしました。
一部でしたが、ピンコロ石がアクセントとなりました。

ピンコロとは90㎜角の石材で、ヨーロッパでは古くから石畳の床材として使用されてきました。近年の日本の住宅では、アプローチ・花壇の積み上げなどに使用されます。洋風だけでなく和風のお庭でも、ピンコロは空間のテイストに合わせて用いることができます。

右側は芝生です。玉砂利がはみ出ないようにピンコロ石で見切りを作ります。
正面から玉砂利が出ていかないようにピンコロ石を見切りに使用。

①先ず、ピンコロを固定します。
②ピンコロ石の特性上、目地入り施工の為10㎜程度の目地を施工します。

ピンコロ石が固定したら、玉砂利を敷きます。

玉砂利とピンコロ石で素敵なアプローチに仕上がりました。

洋風だけでなく和風のお庭でも、ピンコロは空間のテイストに合わせて用いることができます。
花壇や縁石、舗装など様々な施工方法があります。

DIYなどでピンコロ石いかがでしょうか。

注意※ピンコロ石は中国加工で対応している為、納期を要致します。
 十分な納期の確保をお願い致します。